スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

肌のターンオーバーを促進してくまの解消を!

朝が、キタ━(゚∀゚)━! なんてね、今日も来てくれてうれしく思ってます。

肌のターンオーバー(肌のターンオーバーは、およそ28日周期で行われているといわれています)は、通常28日を周期としておこなわれていますよね。

ターンオーバー(肌のターンオーバーは、およそ28日周期で行われているといわれています)がきちんと行われていると、ハリのある生き生きとした綺麗な肌を保つ事ができるはずです。



しかし、なんらかの原因(どう頑張ってもわからないことも少なくありません)でターンオーバー(目玉焼きを両面焼くことをこう呼びます)のリズムが乱れて遅れるようになれね、肌は紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)や摩擦、化粧品などの刺激に弱くなり、カサカサと荒れ、クマもできるようになります。

肌のターンオーバーが遅れる要因としては、食生活(きちんと決まった時間に栄養バランスのとれたものを食べるというのが理想です)の乱れや睡眠不足、運動不足(現代人は運動不足の人がほとんどでしょう。運動不足は生活習慣病や肥満にも繋がるといわれています)といった生活習慣(日常生活を送る上での習慣のことをいいます)、ストレス、肌の手入れ不足、加齢などが挙げられます。



潤いのある若々しい肌にするには、ターンオーバー(組織や細胞の入れ替わりをいうことが多いですね)のリズムを修正し、促進させなければならないのです。

そのためには、原因となっていることを取り除くと同時に、肌のお手入れが大切です。

例えば、クレンジングや洗顔で正しくスキンケア(高い化粧品を使えねいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)を行って、角質(ヒトや動物などの表皮や毛、羽毛や蹄、爪を構成している角化組織です)除去効果のある美容液やパックで古い角質を取り除きます。



そして、肌の水分量を保ち、不足する栄養素を角質層に補給するなどのように、肌のお手入れを見直すだけで、ターンオーバー(組織や細胞の入れ替わりをいうことが多いですね)を促進させることが出来るはずです。

また、体内環境を整えることも大事ですから、バランスのとれた食生活、必要なだけの運動、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)の解消、十分な睡眠などを心掛けてください。



中でも睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)は、ターンオーバーが活発に行われる午後10時から午前2時の間が重要。

この時間帯にターンオーバーを妨げるようなことをしていると、肌の老化を早めてしまってます。

それに、紫外線対策もターンオーバーを正常に保つには重要です。

特に日差しの強い時間帯や、春先から夏にかけては紫外線が強い為、しっかりケアするようにしましょう。



お薦めリンク集。
目のくま対策



それでは、さあご飯食べよ〜っと。


この記事の関連ワード
を消す方法 赤ちゃん 取り方 手術 炭酸 


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recommend

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6300円(税込)

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6,300円(税込)
CD+Blu-ray Disc(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)
スペシャルブック・豪華パッケージ

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3800円(税込)

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3,800円(税込)
CD+DVD(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Categories

Archives

New Entries

リンク集のご案内

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM